2019年2月27日水曜日

2019年2月26日(火)

勤務時間:17:00~03:00

今日も、担当車のタンク交換の作業上でトラブルが有った様で、
私;『本日の昨日と同じ車か。ライト系の不具合は解消されていないから、今日もノンビリと乗務しよう。』

本日の一本目のお客様は、
私;『この配車の内容のお名前の方は、いつも買い物に行かれるお客様かな。』
と推測して配車先の医院へ到着すると、
私;<別の方だ。>
と老夫婦が出て来られた。
お客様『〇〇〇区の鉄塔の下。』 
私;<それは、何処だ。鉄塔を目指して行けば、行けば分かるか。>
とりあえず発車。
そんな目印を目指して行くと、
私;<お、確かに鉄塔がある。が、鉄塔の何処だ。>
そして、道路からの入り口を確認して行くと、
私;『確かに鉄塔の真下ですね。』
思わず納得して無事に約2.1K円で清算。

その後に、JR駅前の5番目で待機していると、脇の路地から足の悪そうなお婆ちゃんが出て来られた。
私;<あれ?。タクシーに乗りそうな気配だな。>
乗るか否か不明のままにドアをOPEN。
すると、ドアが開いた方向へ足を引きずる様に歩いて来られた。
当方は、タクシーを降りて、まず杖替わりの買い物カートを後席の足元に格納。
その後に、お客様を支えて乗車介助。
そして、ご自宅の場所をお聞きすると、
お客様『運転手さんは、初めてですね。』 
と凡その場所を確認してスタート。
これがまた話し好きなお婆ちゃんで、乗ってからずっと喋りぱなし。
私;<ご自宅の場所を確認漏れに気をつけねば。>
タイミングを見計らいつつも慎重な運転で行くと、
お客様『そこの左の家ですので、家の前に入ってもらえますか。』 
との指示に従い無事に到着。
約¥1.4K円で清算を終えて、今度は降車介助。
無事に完結して
私;『ありがとうございました。』
そして、ご自宅に入られるところまで見届けて発車。

この帰路に配車。
私;『おやおや。有り難いね。だが、こんな家が其処の場所に有ったかな。』
悩みつつ到着するも、
私;『何処にいる?。』
暫し探すと、
私;『道の反対にいるね。』
その後はお二人様を拾って飲み屋街までご案内して約¥2K円也。

それ以外は、冴えない状況。

そんな23時頃に配車。
私;『この店だと、近所のJR駅で最終の電車に接続かな。』
完璧に諦めていると、
お客様『今日は自宅まで。もう、タクシーに乗るのは今日が最後かも。』
そんな寂しい会話をしつつご自宅に向かう道中でその理由をお聞きすると、
お客様『勤務先の会社をたたんでしまうので私が失業してしまうの。これから仕事探し。』 
そんな厳しい状況。
私;『私も仕事探しに苦労しました。』
寂しく悲しい会話をしつつ現着。
締めて約¥7.5K円で清算。
私;『頑張られてください。』
そんなお言葉を掛けてその場を離れた。

そして、この後の配車。
私;『こんな深夜にこの会社に来ても、会社は真っ暗で周辺に人の気配が無い。』
暫く真っ暗な場所で待機していると、何とトンデモナイ所から一人の男性が出て来られた。
私;<こんな方向に通用口があるとは思えないが。>
すると、乗るや否や
お客様『そこを左に曲がって一人乗せて行ってから、〇〇〇ラーメン屋。その後は、〇〇〇区へ。』 
私;『そのラーメン屋さんは、〇〇〇街ですね。』
経由地までのルートを確定させて発車。
まずお一人様が降車して、
お客様『この後は、此処を上に登って行けばよろしいですね。』 
チェックポイント毎に確認を入れて走行。
お客様『こんな道、タクシーの運転手さんしか知らないでしょ。』
と言われる様な狭くて急な坂を進行。
私;『真冬では、登れませんが。』
その後も色々と世間話しをして行くと、
お客様『タクシー運転手の取り分が50%ならば、タクドラになっても良いが。今、そんなにないですよね。』
私;『はい、首都圏ですと、その位はある様ですが、地方では厳しいですね。』
そんなこんなで無事に到着。
締めて約¥3.6K円也。
すると、千円札を差し出されて
お客様『お釣りは、取っといて。』
との事で、丁重にお礼を述べて完結。

この後も冴えない状況ながらも無事に帰庫。

 本日の売上;ノルマの105%

2019年2月26日火曜日

2019年2月25日(月)

勤務時間:10:00~01:00

今日は、担当車がタンク交換で使用できない為に、他の車に乗務。
私;『何か、乗り心地が悪いな。ハンドル握っていても酔いそう。』

そんな状況で、初っ端から迷う配車。
私;『配車の内容では、此処ではない様だが、ディスプレイの表示は此処だが?。』
と、暫し迷いつつもそのご自宅と思われる家にお声がけ。
すると、家の中からお二人の女性が出て来られた。
お客様『以外にも早く来られたのですね。』 
私;『はい、以外に早く着きましたので。』
との事で、以外な場所へのご案内。
締めて約¥千円也。

この後に市役所にお迎えに行くと、
お客様『自宅へ。』 
と、お馴染み様。
だが、ご自宅の所在地のイメージは掴めるがルートが湧いてこない。
故に、凡そのルートを確認すると、
お客様『はい、それで良いです。』 
了承を得てスタート。
ところがこれが、後で調べると
私;<おや、大回りだったのか。>
そんなルートを走行して
お客様『そこの左の家です。』 
との案内をいただき無事に到着。
すると、
お客様『千円札で良いね。それと運転免許返納割があります。』 
と言われたが、
私;『割引しましても千円チョットします。』
すると、
私;<出掛ける時は、千円だったのか。>
と、ルートが違う事が判明。
私;<トラブルにならずに安堵。>

その後、ノンビリと乗務していると、バスターミナルから母娘連れの方々がタクシーに乗って来られた。
その行き先は、何と
お客様『スキー場へ。今日は、天候が良いですが、滑れますよね。』 
そんな返答に困る質問を受けつつご案内。
お客様『うわー!。素晴らしい眺め!。』 
と約2.4K円の清算を終えてタクシーを降りられると写真を撮り始めたので、
私;『写真をお撮りしますか?。』
何枚かお気に入りの写真が撮れる迄じっくりと撮影してあげて完結。

それ以降も冴えない状況なので、早昼で休憩。

ところが、休憩をおえてみると、
私;『空車だらけか。ならば、補給へ行こう。』
LPGスタンドへ向かっていると、
私;『お!。読みが当たり、配車が来た。ラッキー!。』
補給を終えて時間予約のお迎えへ。
予約時間丁度に到着。
事前にお伺いしていたバスターミナルへ邁進。
お客様『バスの発車時間に余裕を持ってお願いしたので、大丈夫ですので。』 
運転にも余裕を持ち当地のご案内しつつ完結。

そんなこんなで約千円で完結。

その後も、冴えない状況に加えて、目的地を勘違いして自己負担が発生。
私;『何とも彼ともないね。』

そして、暇そうなJR駅前の3番目で待機。
しかも、我が社の空車が我のみ。
そんな様子なのに、
私;<え?。私の所へ来る?。何故?。>
若い営業マンらしき若い人が近寄って来た。
お客様『この車、良いですか。』 
運転席の窓越しに尋ねられた。
私;『はい、どうぞ。』
私;<だが?。何故、私?。>
訝しげに思いつつも、目的地のコメダ珈琲へご案内。
丁度千円で清算。
この道中も不思議な会話が続き、我がボンクラ頭が疲弊したところで現着。
すると、
お客様『タクシーは、何時まで営業していますか。』
とお尋ねに対して、 
私;『弊社では、24時間営業しております。』
お客様『それでは、後で呼びますね。』
と言いつつ乗務員証を見つつ降りて行かれた。
私;<今の人、指名するのかな。ちょっとご遠慮したいな。>

そんな夜も忙しくも無く、早めの休憩。
明けてタクシー乗り場へ向かっていると、
私;『ギョエ!。ライトのスイッチの接触不具合?で、全ライトが消えるヨ!。』
完璧に乗務継続は不可能なので、会社へ回送。
私;『もう、帰りたいね。』
とは思うものの、
私;『おそらくは、応急処置してして乗務継続だろうね。』
そんな予想が的中。
班長;『これで様子を見て。
再度、出庫。

もう、この後は、稼ごうと言う気持ちは無くなり、
私;『一日無事故で終えるのみ。』
と、忙しくもなさそうなタクシー乗り場で待機。
すると、
配車担当;『タクシー代行をお願い。
まず向かったお店で出て来られたお客様。
お客様『タクシー代行は、初めて。』 
とのことで、その道中に一般の代行との違いを説明。
私;『今後とも宜しくお願い致します。』
と、ホテル経由でご案内して完結。
締めて約¥4.2K円。

ところがこの後に、珍しく再度タクシー代行の配車。
代行ドライバー;『その店ならば、おそらくは〇〇〇会社の会長さんのお宅が行き先だ。
そんな読みをして迎えに行くと、これが散々に待たされてのドンでもない行き先。
タクシー代行と時は、通常のタクシーで行くルートとは違い、狭い道には入らない。
故に、
私;『この先で、上の広い道で出て参りますが宜しいでしょうか。』
ルートのご説明をして発車。
チェックポイント毎に道の確認をして無事に到着。
締めて約¥5.6K円也。

このタクシー代行二連荘のお蔭も有り、厳しそうに見えた月曜日の乗務も何とかノルマ・クリア達成。

 本日の売上;ノルマの108%