2019年11月18日月曜日

2019年11月18日(月)

勤務時間:08:00~18:30

実車中に、信号機のある交差点を右折レーンに進入。
私;<右折の信号が青だな。間に合うかな。>
と、急ぎ目で走行していると、
私;<あちゃ~。右折の信号が黄色から赤色になってしまった。>
急ブレーキ気味で停止。
私;<残念。>
ふと、後方を確認すると、
私;<あれ?。何処にいた?。>
何と、パトカーが我が後方に停止。
私;<良かった。停止して。>
おかげ様の安堵。

ところが、この後のお客様をお医者さんにお送りする時にも、ヒヤリとする場面に遭遇。
当車が左鋭角カーブに進入したが、当方の側に【止】の標識の為に一時停止。
すると、対向車のミニバンがカーブに進入して来た。
が、
私;『ミニバンが、カーブの内側を来てはぶつかる!。』
と思い、我が車が後退しようにも、
私;『我が後方は、道幅が狭いから、やたりに後退すると、更にぶつかる可能性があるぞ。』
ただ只管に、無事故を祈るのみ。
私;『相手の運転手は、服装から判断すると、車屋さんの様です。プロがこんな危険な運転してはダメですね。』
我が車体の右前をギリギリに通過。
私;『こんなカーブは、大回りしなければ駄目ですよ。』
この後は、更に慎重な運転に心がけ。

こんな日に、何とも不思議なお客様にも遭遇。
配車でショッピンセンターに急行。
すると、お一人の女性のお客様がお待ち。
その方の行き先をお聞きすると、
お客様;『ソフトバンク。』
私;<え?。私の聞き間違い?。』
私;『ソフトバンクですか?。そこの?。』
お客様;『そうです。』
私;<五体満足そうな身体つきに見えるけど、タクシーの到着を待つ間に歩けば着いていそう。>
と、約250m走って現着。
私;<なんかな。>

この後の夕暮れ時にも、実車中に無茶な女性ドライバーに遭遇。
私;『何故、こんな狭い路地に進入してくるのでしょうね。しかも、一番に狭い個所で止まっているし。』
当然、我が車は、無理にはすれ違う為に進行しようとはせずに、相手の出方を見守るのみ。
相手の車は、当方を認識している為に、最初は止めるのかと思える動きをしていたが、そろそろと路地に入って来てしまった。
私;『普通は、路地の入口の広いところで止まっているのですがね。』
ここも無事故でクリア。

こんな日のラストは、
配車担当;『指名。』
と、いつものお客様。
しかし、
私;『この時間に行くとすれば、あそこだと思うが、帰りの対応は無理だけどね。』
そんな予想を込めて到着。
お客様の乗車案内をしての行き先は、
私;<全てビンゴ。>
ところが、
私;<こんな暗くなってから用事を済ませなくとも良いのにな。>
真っ暗闇な中を彼方此方の家を訪ねて、漸くの現着。
締めて運転免許証返納割で約¥5K円にて完結。
私;『すみませんが、お帰りのお迎えは、私がこれで乗務終了ですので、他のドライバーになってしまいます。』
と、いつもながら不思議なお客様をお送りして、
私;『本日は、お仕舞い。』

明日は有給休暇で、忘年会シーズン前の骨休め。

 本日の売上;ノルマの140%

2019年11月16日土曜日

2019年11月15日(金)

勤務時間:18:30~08:30

お客様;『花金だと言うのに、飲み屋街に人が少ないね。』
こんな日の当直勤務。
私;『ボチボチの忙しさが一番。』

そんな出だしからパッとしないまま。
こんな状況下でも、盛り上がる話題は、他人の不幸な話題。
それは、21時半過ぎにタクシー乗り場からお乗りいただいたお客様3人組の車中で起きた。
お客様(男);『賑やかなことは、運転手さんは迷惑ですよね。』
と言う程にアルコールが入っているので後席が賑やか。
私;『いえ、逆に静かですと、不安になります。』
お客様(女A);『静かだとゲロしているかもしれないしね。』
お客様(女B);『ゲロの清掃をするのは嫌だね。』
私;『大や小も大変ですが。』
お客様(女B);『ゲロの小や大があるの?。』
お客様(女A);『いや、ウン◎。』
お客様(女B);『え!。オシッ◎やウン◎!。
私;『ウン◎で、一週間もタクシーが使用不能になったことがあります。』
お客様(男);『嫌だな。』
こんな話題で盛り上がりつつも現着。
しかし、約¥千円程で完結。
私;『人とは、面白いものだね。』

この後に、いつものパチンコ屋帰りでいつもの場所へ行かれるお客様をお迎え。
いつもの様に到着して清算していると、
お客様;『これをどうぞ。』
と珍しくいただきもの。

私;<これをいただいて、この後も頑張るか!。>

この夜は、そこそこのミドル級のお客様に遭遇。
それでも、
私;『金曜日にしては、厳しいのう。』
その後もダラダラの展開。

そして、
配車担当;『ご苦労様。』
とのメッセージが来た。
私;『お仕舞い。LPG補給して帰庫しよう。』
と、LPG補給しての回送中に、
私;『ワオ~!。横断歩道の左り脇に自転車と歩行者が立っていた!。』
後方も確認せずに、思わず急ブレーキで停止。
すると、右から横断歩道を渡って来る女性を発見。
私;『女性もいたのか。』
女性を注視していると、その女性が横断歩道を渡りながらタクシーを見ている。
そのまま我が身も注視していると、
私;<おや?。もしや?。>
そのまま後部ドアを明けると、その女性がタクシーに乗り込んで来られた。
そして、目的地を伺いすると、
私;『この時間で、そのJR駅を発車する電車への接続は、厳しいですね。ですが、ここから歩いて行かれるつもりだったのですか。』
お客様;『そうです。』
私;『これが平日でしたら、道路渋滞で接続の電車は難しかったですが。運が良かったdすね。』
ショートカット・ルートを選択して、無事に到着。
お客様;『ありがとうございました。』

安堵のおまけの1本を終えて、
私;『今度こそ、本当のお仕舞い。』

 本日の売上;ノルマの137%

2019年11月14日木曜日

2019年11月13日(水)

勤務時間:10:00~01:00

私;『あ、昨日もご乗車いただいたお客様だ。』
お客様;『あ、昨日もありがとうございました。』
そんな会話からの女房の知り合いのお客様。
私;『いつもお世話になっております。』
その道中も、
お客様;『知っている人で良かった。気が付いたらお医者さんに着いていました。』
と清算すると、
お客様;『これ、取っといて。』
とのことでいただいたお金は、
私;『いえ、これは頂き過ぎです。』
一旦固辞するも有り難く頂戴して完結。

そして、この後、
私;<え!。ここからそんな遠くのお医者さんに行くの?。>
かなり悩むルート。
お客様;『1カ月に1回の通院。』
とのおばあちゃんの通院の送りのお仕事。
無難なルートを選択して走行。
お客様;『遠いけど、通い慣れた先生なので、気が楽なので。』
とのこと。
無事に到着して、本日初の三千円台のお仕事。

ところがこの後は、再びの三桁四連荘。
私;『厳しいのう。』

そんな午前中に産直市場への配車がきた。
私;『ここは、お客様を探すのも大変だよ。』
案の定、到着してもお客様が見当たらない。
2周ほどしても見当たらない。
私;『もし、もう一回探していなければ、キャンセルだね。』
と思っていると、キャリアカーを引っ張ったおばあさんが店内から出て来た。
タクシーに乗るや否や
お客様;『窓を開けて。』
後席の左右を開ける事を指示。
私;<こんな横柄な客は、初だな。>
お荷物を預けてあるホテルに向けて発車。
発車して間も無くに何処かに電話。
何か服を無くされた模様。
私;『JRの忘れ物センターに電話すれば宜しいかと思います。』
お客様;『お気に入りの服だったの。』
そんな会話をしつつホテルに到着。
すると、
お客様;『細かいお金が重いので、それを出しますね。』
と、硬貨を出し始めた。
それを私が班別し易い様に硬貨を整理していると、
お客様;『チョット!。触らないで!。』
突然、切れた。
私;<今どきの年寄りは、・・・。>
お客様;『この後、荷物を受け取ってJR駅に行きたいが。』
私;『それでは、メーターを入れ直してJR駅に向かいますか。』
すると、
お客様;『そんな面倒なことします!。』
私;<今どきの年寄りは、・・・。>
然つまらないことで嫌な思いを味わい約¥1.4K円にて完結。
私;<2度と遭遇したくないね。>

そしてこの後に、介護タクシー配車。
車を乗り換えての再出庫。
私;『JPN TAXIもあるのだから、そちらへ配車しろよ。車椅子をお乗せなれば、車体価格の安い他の車種を導入した方が良いのでは。』
不満たらたらで、無事に約¥1.2K円で完結。
私;『他人ところではなく、我が身も足腰が弱って来て、車椅子の揚げ降ろしが辛くなってきた。』

そんな思いをして、再度自分のタクシーに乗り換えて出庫。
すると、会社からの無線が入り、
私;『何かクレーム?。』
と、急ぎ会社へUターン。
事務所に顔を出すと、
配車担当;『この紙を持ってJR駅でお迎えに行って。』
とのこと。
私;<あちゃ~(泣)。>
そんな行き先を配車で見ると、
私;<何と言う(泣)。>
その後、電車も遅延していたこともあり約30分程を費やして、お客様も到着してのワンメで完結。
私;『何と言う非効率な仕事。』
ところが、この女性のお客様。
私;<お願いだから、スカートを穿いて足を運転手に向かって組まないで欲しいね。目のやり場に困ってしまう。>
終始気をつけねばならないお仕事に疲労困憊。

ところがこの後に、ショートを二本こなした後に、このお客様の帰りのロングの仕事に遭遇。
私;<この配車は、ワンメで完結したことへの温情と受け取ったが。>
急ぎお迎え場所に到着すると、お偉いさんが玄関先で、お待ちの状態。
接続る特急電車の時刻を告げられた。
私;<通常は、高速道路経由だが、電車の時刻までに余裕があるから下道で良いかな。>
この自己判断が大きなミスであった。
発車して直ぐに、
お客様;『高速道路を通って行くと聞いておりますが。』
私;<あちゃ~。>
私;『かしこまりました。』

とルート変更。
私;『高速道路に入りますので、シートベルトの装着をお願いします。』
と依頼するも、後席からの音から察すると
私;<苦労しているのかな。>
とは思うものの、
私;<これで振り返ると、あの御見足が我が眼前に入ってしますよね。>
そんな気を使いながらも、何とか安全走行。
すると、道中に
お客様;『1本前の電車に乗れますか。』
とのお尋ねに、
私;『到着予定時間からしますと、間に合います。』
その後、ギリギリの時間で目的のJR駅に現着。
私;<無事に完結。>

こんな日の夜の部は、ショートばかり。
お客様;『飲み屋街に人がいないね。』
それでも何とかノルマ・クリアしての帰庫。

 本日の売上;ノルマの138%

2019年11月12日火曜日

2019年11月12日(火)

勤務時間:08:00~18:30

今日の稼働台数は、貸切や空港便等に人が割かれて、少ない。
私;『今日は、どうなるやらですね。』

そんな一本目は、知り合いのお客様を医院へのご案内からスタート。

その次は、
お客様;『タクシーは良く利用しているが、私の事を知らないの?。』
何か以前にも言われた記憶のあるお客様を医院へのご案内。
私;<一度お会いしただけでは、覚えられないよ。>

この後も、冴えないまま。

そして、時刻は間も無くAM10時。
そんな時に、薬局に配車。
出て来られた高齢の女性のお客様。
お客様;『来る時にJR駅前にタクシーがいなくて此処まで歩いてきたの。大変だった。』
とのこと。
私;『それは大変でしたね。申し訳ありませんでした。次に駅前にタクシーがいなければ此方にお電話ください。』
と名刺をお渡しして無事に完結。

この後に来た配車は、超・久しぶりの以前は良く指名していただいた高齢の女性のお客様。
お客様;『久しぶりですね。』
と、本日は総合病院へのご案内。
だが、このお客様は、昔は自分で商売していただけあって自分の考えをしっかりと主張される方。
故に、
私;<気難しい方だね。>
とは思うものの、
私;<そうは言っても、大事なお客様だよ。>
マニアックなルートを指示されらながらも無事に到着。
私;<狭い路地を行っても料金は、然程変わらない。それとは別に事故のリスクが高まる。>
そんな事を思うが、こればかりはお客様に決定権があるので反論しない。
清算を終えて、次回の約束を取り付けて完結。

この後、配車で向かう途中のキャンセルに意気消沈しているところに4台口の配車。
しかし、これが待機が長い。
私;『他の車は、バンバン走っているのにな。』
諦めの境地の後、予約時間を過ぎて漸くの発車。
無事に目的地にご案内して完結。

そんなこんなの時に、いつものお客様を13:00の時間予約の配車。
私;<このお客様は、何処から出て来られるかな。>
ご自宅への送りは過去にあったが、自宅へのお迎えは今回が初。
私;<おそらくは此処で良いだろうね。>
と待っていると、
私;<ビンゴ。>
予約時間5分前には発車。
すると、発車間も無くに、
お客様;『本当は、13時若干直ぐに家を出たいの。あまり早く着き過ぎると周りの人が気を使うので。』
との願いなので、
私;『それでは、急がずにノンビリ行きますね。』
しかし、これで流れが一変。
お客様;『会社に行っておいて貰えますか。』
との願い。
私;『かしこまりました。伝えておきます。』
当そして、このお客様の完結後に会社に電話すると、配車担当が依頼事項を聞いている内にイラついて来るのが分かってきた。
配車担当;『わかりました。』
と、受話器をガシャンと置いてお仕舞い。
私;『アホな奴、切れたのか。』

この後、ラストがジャンボタクシーにて、
私;『忙しいのか、暇なのか分からない日だったな。』

 本日の売上;ノルマの138%