2018年12月30日日曜日

2018年12月29日(土)

勤務時間:19:00~08:30

私;『当直二連荘、キツイ。
出庫こんな日は、コンビニで休憩を挟みつつ老体に鞭打つことなくボチボチと乗務。

しかし、それに反して、
配車担当;『忙しいから直ぐに出て。
世間は大渋滞との嫌な業務指示。
もう、渋々と出庫。

だが、初っ端からショボい。
いつもの先生のご家族をフランス料理屋さんへお送り。
だが、お店に近くに着け過ぎて失敗。
私;<いけねえ、降り難いか。ちと反省。

この後に珍しくJR駅前でお客様を拾う事が出来て、無事に三桁で完結。
私;<やはり、配車よりも拾った方が効率良い。

そしてこの後にいつものスナックのママさんの定期便。
お客様;『久しぶりですね。』
私;『ハイ、いつもありがとうございます。
お客様;『良い年を迎えて下さいね。』

私;『ありがとうございます。お客様も良い年をお迎えください。
そして、いつもの金額で完結。

この後にパチンコ屋さんへの配車。
だが、
私;『いつもの方々のお名前とは違うな。何処へ行くのかな。
とお迎えに行くと、何と行き先は予想外の場所。
私;<さて、どうやって行くかな。
凄く悩むルートで、若干大回りになると思うが無難なルートを提案して、お客様の承諾を得てスタート。
お客様;『今日は、忙しいでしょ。』

私;『昨日と今日で、本年がほぼ終わりかと思います。年明けは、閑散期になるかと思います。
そんなこんなでクレームにもならずに無事に到着して約¥2K円也。

ところがこの後に約5Km先のコンビニ迄お迎えの配車。
私;『あちゃ~。
と思いつつ急行。
そして、目的地までご案内して約¥2K円也。

ところが、この後がいけなかった。
何と三桁の嵐。

そんな21時頃に配車。
私;『珍しい場所への配車だな。
と向かうと、団体さんがお待ちになっておられた。
すると、ゲロ袋を抱えた女性と介助の女性がお乗りになってきた。
私;『もし、気持ち悪くなれば遠慮なくお申し出ください。
過去に、そんな説明したにも関わらずにイキナリのゲロ飛ばしを喰らった事があるので、そんな二の舞は避けたい。
私;『窓を少し開けますか。
最悪の場面をさけるべく色々と気配りをしつつ何とか無事にゲロの女性のご自宅にご案内。
そして、その後に介助の女性のご自宅に到着。
約¥1.7K円で完結。

そして、出庫間もない時間帯は、
私;『え?。今日は、然程に忙しくないのかな。
との状況も夜の始め頃になると、
私;『やはり、昨日程ではないが今日も忙しくなるか。
だが、無理せずにボチボチと乗務。

そんな今夜は、珍しいルートを選択されるお客様に複数遭遇。
私;『おそらくタクシー乗り場で長くお待ちになり、一遍に解決しようとされているのかかな。
そんな経由地と目的地をお聞きする度に、
私;<まるっきりの正反対の方向じゃないか。まあ、私は助かるが。
そんな最高額は、約¥7K円也。

そして、深夜1時頃に呑み屋さんへの配車。
到着してお店にお声がけ。
ところが、今日に限ってなかなか出て来ない。
私;『忘れられている?。
その後に散々に待って出て来たお客様は、
私;<あれ。割引のいつものお客様だ。
と思っている相手の表情は、
お客様;<何故、この運転手がいる?。>
そんな顔をしている。
私;『だれかご指名でしたか。
確認すると、
お客様;『そう、〇〇〇さんを指名したのだが。』
との事。
即に会社へ連絡。
私;『〇〇〇さんのご指名です。(この無駄な時間を返せよ)
即座に撤退。

そして、忙しく動き回った明け方のAM6時頃にタクシー乗り場から乗られた男女のペアのお客様。
お客様(女);『〇〇〇へ。』
私;<それ、ラブホ?。この時間に?。どう見ても不倫カップルでしょ。
と思いつつも、
私;『〇〇〇ですね。ありがとうございます。
そして、後席の会話が耳に入るが、聞こえないふりをしつつ到着。
私;『お帰りも時間を予約いただきますと、その時間にお迎えに参ります。
私;<しかし、呑み明かした朝に、頑張るね。

そんな当直のラストは、呑み屋さんからのお帰りの3人組。
目的地をお聞きすると、
私;<あれ?。3人の内の2名様は、途中の方々だがな。
様子を伺うと、
私;<1名の女性が呑み過ぎてくたばっているのか。
ルートを確認して発車。
だが、最初の行き先は、ルートを間違えると少し遠回りになるのだが、
私;<お客様の承諾を得れば良いか。
まず、最初の行き先に何とか到着。
その後は、
私;<この方々のご自宅は、ご説明いただかなくともわかる。
と無事に完結。
締めて約¥3.5K円也。

私;『本年もこれにて無事にお仕舞い。

皆さまも良いお年をおむかえください。
 来年もご笑覧ください。

本日の売上;ノルマの201%

2018年12月29日土曜日

2018年12月28日(金)

勤務時間:18:00~05:00

私;『疲れが抜けない。

出庫すると、世間は大渋滞。
そんな一本目のお客様は、
お客様;『もう、宴会は始まっている時間なので、急がなくても良いですよ。』
との温かいお言葉をいただいたが、
私;<そうは言っても大渋滞をノンビリ走行では申し訳ない。
 ・狭くもなく
 ・かと言って広くもなく
 ・渋滞も無く
 ・唯一は、少し遠回り
そんなルートを選択。
お客様;『へえ、こんな道があるの。』
お客様;『ほう、ここへ出るの。』
そんなこんなで渋滞に有る事も無く到着。
お客様;『ありがとう。』
と、初っ端から嬉しいお言葉の約2K円で、本日もスタート。

一見忙しく見えそうな遠くの配車を連続で受けて
私;『これで、飯休憩にしようかな。それでも、もう一本。
と思ったのが失敗。
JR駅前での待機が長くなり、待機する事約30分。
私;『漸く配車だ。
飲み屋街までご案内して約¥1.7千円也。
私;『飯、飯。

今日は、世間では仕事納めとなる日。
同僚;『今日明日は、忙しいぞ。
と言うが、
私;<今年の忘年会シーズンを見ても、そうは思えないがな。

そんな夜の始め頃に、会社のタクシー乗り場からお乗りになったお二人様。
お一人様を途中で降ろした後に、
お客様;『今夜は、忙しいでしょ。』
私;『はい、年に一遍の忙しさになるかと。それでも、忙しくなるのは深夜に入ってからではないかと思います。
それまでのタクシーの動きは、今一つ。

そんな今夜は、何故かしら配車が多い。
しかも、
私;『何故に同じ店に2回も行かねばいけない!。
怒りがふつふつと湧いてくる。

配車先の吞み屋さんへ。
私;<このお店は、遠くへ行かれるお客様は少ないからな。
と出て来られた男性3人組。
経由地と目的地をお聞きして驚き。
私;<随分と大回りして行くのだね。もっとも今夜は、超繁忙期だからタクシーが捕まらないからしょうがないね。
グルっと回っての約¥5千円で完結。

そしてAM2時過ぎに会社のタクシー乗り場からお乗りの男女三人組。
お客様(男);『私は、途中で降りるからこの女性達を送って行って。』
と、少し遠回りのファミリーマートで降りられて最終目的地へ向けて出発。
ところが、道中お話しをお伺いすると、
お客様(女);『私たちの知らない人。相手の方は、私達をしっている様ですが。』
との驚きの発言。
私;<今夜は、タクシー待ちの時間も長いからね。
その後も、タクシーの話題に終始。
私;『ここら辺でも、タクシー運転手への暴力やタクシー強盗は、ありました。
そんな会話をしつつお客様から聞かれた料金に対する回答とほぼ同じ金額約¥4.7千円で完結。

そしてこの後にタクシー乗り場から乗られた女性。
その彼女の目的地は、ミドル級。
道中、これまたタクシーの話題に、
私;『今夜は、雪が降らなくて良かったですね。雪降りだったらタクシー待ちの時間も永くなります。更に、この道は、ブラックアイスバーンになるますよ。
し遠回りのファミリーマートで降りられて最終目的地へ向けて出発そんなこんな会話をしつつ色っぽい方をご自宅までがご案内。

その彼にタクシー乗り場から乗られた女性三人組。
私;<へえ、そんな所を経由してそんな場所まで行くのかな。
道案内いただきつつ到着。
締めて約5.6千円。

そして、
私;『もう終わりだよ。
と思っていたら配車。
私;『もう、クタクタ。今度配車が来たらキャンセルだ。
何とか無事故で帰庫。

私;『まだ明日もある。ア~、疲れた。

本日の売上;ノルマの213%