2018年7月19日木曜日

2018年7月17日(火)

勤務時間:18:30~08:30

本日は、三連休明けの初日。
私;『今日は、歩合クリアは望まぬが、80%達成したい。が、暇じゃ。』

漸く有り付いたお仕事は、いつものお客様のお迎え。
私;『お、今日は、お二人か。この時間だと、パチンコ屋ではなく、吞み屋さんだね。』
確かに、乗られて言われた場所が、
私;<ビンゴ>
と、いつもの場所へご案内。

また、この後も
私;『人の気配がない。』

暫し待機して、バスターミナルへのお迎え。
到着すると、ビジネスマン風三名様がお持ちになられていた。
お客様:『コンビニへ寄ってからホテルへ。』
との事で、一旦そのビジネスホテルを通り過ぎてから、コンビニで用を足してからホテルへご案内。
すると、
お客様:『ちょっと待っていて。』
私;『はい、宜しいですが、お待ちしている間もメーターが上がってしまいますが。』
トラブルの元を事前に回避してから暫し待機。
漸く戻って来られて
お客様:『JR駅の方へ。』
私;『どちらか、お店にお着け致しますか。』
お客様:『〇〇〇料理屋さんへ。』
私;『かしこまりました。』
と、ご案内して、まずまずの¥2,300円也。

ところが、この後も暇。
ようやく廻って来た配車でショッピングセンターへお迎え。
現着すると、言葉が良く通じない大きな荷物を抱えた方がお待ちになられていた。
行き先をお聞きしても具体的なものが全く分からないので、
私;『とりあえず、その方向へ向かいますね。』
進むにつれて詳細な場所の確認。
すると、その先が普通車の通れない踏切のある脇道を指示してきた。
私;『この先の踏切は、タクシーは入れません。踏切の向こう側でしょうか。』
と尋ねると、
お客様:『はい。』
との返事。
しかし、これが結果的に何とも食わせ者であった。
私;『それでは、廻ってきますね。』
と、大回りして踏切の反対側へ着けるとメーターが一つ上がってしまった。
そして、
私;『アパートは、どれでしょうか。』
と確認すると、
お客様:『あれ。』
何と踏切の反対側の大回りせずにそのまま入って来れば良かった線路沿いの建物を指してきた。
私;<おいおい、この百円が無駄になってしまったぞ。>
それでも、
私;『お荷物をお持ちしますね。』
と、笑顔で完結。

この後は、運に見放されたのか寂しい単価がつついていた午前零時に、ある筋からの個人的な読み出しで戦線離脱。
私;『これからの時間帯が一番の人の動くときなのに、悲しいね。
結局、AM1時半に戦線復帰するまでの売上は、皆無。
私;『何と言う事!。』

呼び出された内容からのダメージと売上へのダメージで、精神的な安定が掛けてしまった。
このことが、その後に起きた事故の一つの原因ともなった。

復帰一本目は、深夜の病院救急口へのお迎え。
しかし、期待して行った仕事が、三桁で完結。

漸く1時間近く待って拾ったお客様が、二千円となり少し安堵。
私;『あちゃ~!。』

そしてこの後に、まずまずの単価となったお客様に遭遇した後に、
私;『これでラストだね。』
と向かった先は、狭い路地の一番奥のお宅で、既にお客様が奥に立っておられた。
しかし、何とその路地の途中に一台の迷惑駐車車両がある。
私;『おいおい、通れるのかよ。』
道をはみ出しつつも何と進入成功。
ところがお客様は、
私;『そんな奥に立っていずに手前に来ないかな。』
と呆れつつ下がると、
 ガリガリ
と車体から異音を発してきた。
私;『ハイ、これで無事故記録更新もお仕舞い(悲しい)。』
下車して確認すると、そこで路地が狭くなり、その敷地の境の縁石があり、それに乗り上げてしまったのであった。
お客様:『ここに以前は外灯を付けていたのですが、ぶつけられてしまったの。気にしないでください。』
そんな言葉を言われても気になってしまう。
私;<だったら何故、路地の入口で待っていないかな。>
そんなこんなで、三桁で完結。

私;『高く付いたね。しかし、ここは、他の車もぶつけるぞ。』
そんなことを思いつつ、事故報告書を記載して、本日はお仕舞い。
しかも、そんなこんなで売上も、
私;『あ~ア(泣)。』

  本日の売上;ノルマの41%

2018年7月17日火曜日

2018年7月16日(月)

勤務時間:17:00~03:00

私;『今日は、三連休の最終日。忙しくなる要素が皆無。ノルマ・クリアなぞ無理。』
ロングに再び遭遇する事を祈りつつ出庫。

案の定、出庫したのは良いがディスプレイには何も表示せずにダンマリ状態。
ところが、身体は、熱中症を疑われる症状が出ており若干シンドイ。
そして、出庫約30分経過して漸く配車。
ところが、この仕事は、モーテルへのお迎え。
私;『楽しんだ後の方をお迎えに行くこと程ツマラナイものはない。』
時間予約のお客様なので、時間調整して現着。
ところが、予約の時間を過ぎても出て来ない。
私;『他の車が入って来るし、勘弁だぞ。』
5分経過したところで会社へ連絡。
すると、
配車担当;『10分待っても出て来なければ、メーターを入れて。』
との返答で、やむなく待機継続。
ところが、丁度10分経過したところで出て来た。
もう、即メーターON。
目的地を確認して直ぐに発車。
こんな苦労しても、乗車料金は約千円。
私;『嫌な仕事。』

その帰路に配車。
私;『さて、そのマンションにはどうやって行く?。』
頭の中でルートを検討しつつ急行。
更に、
私;『ほぼ呑み屋街へ行かれるから、その後にはどのルートを選択するかな。』
と、色々と考えながら到着すると、お客様は既に待っておられた。
目的地を伺うと、予想通りとなり発車。
しかし、この時に選択したルートは、後で調べなおすと、若干に距離があることが判明。
私;『やはり、普通のルートにした方が良かったかな。』
この時の乗車料金は、一本目と同じ金額で完結。

そして、この後にJR駅前で待機。
ところが、TAXIを利用される気配の方が皆無で、約1時間もはまってしまった。
私;『こりゃ~。今日の売上は、個人目標すら達成は難しいな。』
そんな今日の個人目標は、ノルマの80%。
私;『目標必達!。とは思っても人がいなければどうしようもないな。』

漸く1時間近く待って拾ったお客様が、二千円となり少し安堵。
この後は、ショッピングセンターへの配車。
配車の内容のままに良くご利用いただいている親子連れのお客様。
しかし、
お客様(母):『運転手の〇〇〇さんの携帯電話に電話しても繋がらないの。』
と、いつも言われる言葉を、今日も聞いて、
私;<ならば、タクシー手配の時に、指名しろよ。ウザいな。私で悪かったね。>
あまり気持ち良くないままにご依頼の場所へ到着。
いつもの通りに割引して完結。
締めて乗車料金は、三桁なり。

ところが、この後に3台口の配車。
お店に私が2台目で到着して待機していると、窓コンコンと叩く音に、お店とは反対側の運転席側に顔を向けると、クレジット系タクシーチケット(上限3万円)を差し出されてきた。
私;<お~。期待のロングかな。>
かなりの期待を込めて待機。
1台目にお客様がお乗りになりロングになりそうな方向へ発車。
私;<いよいよ、私の番だ。>
と乗車案内。
目的地をお伺いすると、
私;<あちゃ~。>
ガックリと気を落として、約二千円で完結。

そんな今夜は、いつも21時過ぎにはロング狙いのタクシー乗り場へ着けるのだが、今日はJR駅前に着けて待機。
すると、またもや配車。
マンションにお迎えに行くと、若い男性が出て来られた。
目的地をお伺いすると隣のJR駅を指定されてきた。
私;『途中、狭い道を通りますが宜しいでしょうか。』
了承を得て発車。
私;『近くのお店でしたら、そこへお着けしますが。』
そんな確認していくと、
お客様:『すみません。行き先を変えても良いですか。』
本来の行き先をお聞きすると、最寄りのJR駅となってルート変更。
私;『お聞きしたタイミングよく始めの行き先との分岐の手前でした。駅前にお着けすれば良いですか。』
今度も確認すると、
お客様:『私は、今年の4月に九州から来たばかりで地理がまだ分かっていません。すみませんでした。』
との事。
私;『九州でしたら此の地域の冬が大変かと思います。この急坂の道路も凍結します。スバルの四駆車でも嫌がる程です。』
お客様:『ハイ、周りから聞いています。今から心配です。』
そんな会話をしつつ駅の近くの文化ホールに到着して、約1.5千円弱で完結。

その後も、余りパッとしない単価ばかりを消化。

そして今度も吞み屋さんへ配車。
到着してお店に声を掛けると、ふと店内への私の視線の方向に、
私;<もしや、あのお客様かな。アルコールが入ると性格がガラッと変わるからな。>
トラブル無く終える事を祈りつつお待ちしていると、
私;<あれ。別の人か。しかし、この方、かなりの泥酔状態。ゲロに注意だな。>
ところがこのお客様は、乗るなり後席で寝てしまわれた。
私;<オイオイ。行き先の指示をしてくれないと困るが。それと、車内のゲロは、ご免だぞ。>
カーブには速度に注意して、悪路では車の揺れに注意して走行。
しかし、行き先の確認しても悪酔いの為か説明もいい加減で信用できない。
私;<困ったな。>
都度、道路状況の説明をしつつ走行。
すると、
お客様:『ここで良いよ。』
との事だが、
私;『周りに家がありませんが、着過ぎたのでしょうか。』
お客様:『いや、ここで良いよ。』
そんな私は、此処までくる途中で車内ゲロ寸前を免れていることもあり、
私;<早く完結したいよ。>
と、お客様の指示のまま清算。
ところが、
私;『降りられる側は、崖になっておりますので、ご注意下さい。
危うく千鳥足の男性が落下しそうになるのを見守り、締めて約1.5千円弱也

そして、次のお客様をお迎えする為に車内の点検をしていると、運転席の後部下に光るものを発見。
調べてみると、何と黒系の携帯電話を発見。
私;『寝た時に落としたのだな。厄介な。』
車内点検を終えて、次のお客様をお迎え。
しかし、先程の携帯電話が気になってしょうがない。
こんな時程、
私;<あ!。さっきの道を曲がれば良かったかな。>
と言うミスをしてしまう。
それでも、ノークレームで約二千円弱で完結。

この帰路に先程の携帯電話のお客様が降りられた場所を通ってみるが、
私;『ご自宅が分からないね。』
やむなく、一旦会社へ戻り、拾得物の報告書を作成。
私;『しかし、車内にゲロされなくて良かったですヨ。』
報告書を提出して戦線復帰。

この後、二~三千円のお客様に遭遇して、本日もお仕舞い。
私;『個人目標未達だが、まずまずの結果だ。』

  本日の売上;ノルマの77%

2018年7月16日月曜日

2018年7月15日(日)

勤務時間:10:00~01:00

連日の猛暑の為か、身体もばて気味。
昨日は道路も混んでいたが、今日はそれ程ではない。

そんな本日の一本目のお客様は、配車の内容と今の時間ですぐ判明。
私;『今日は、パチンコ屋か。』
しかし、この家は、入社して初めて行ったときは、
私;『え!。ここを入るの?。入れるの?。私は、嫌だ。』
と思う程の下り坂で車幅ギリギリの狭さ、かつ、途中に緩いカーブがある。

お客様:『他の運転手さんは、入ってくれますよ。』
と言われれば入らざるを得ない。
私;『何回来ても、嫌な道だ。』
ところが今日は、
お客様:『途中のコンビニへ寄ってください。』
このおかげで、今日は、千円を僅かに超えて無事に完結。

その次のお客様は、ドラッグストアへの配車。
私;『え?。不思議だな。近所から出て来るのかな。』
急ぎ向かうと、中年の女性が外で待っておられた。
お客様:『車のカギを車内に閉じ込めてしまったので、一旦、家に戻って、また此処へ戻って欲しいのですが。』
連日、不思議なお客様に遭遇。
私;『昨日も、同じ様にキー閉じ込めのお客様の対応もしました。決して珍しくないでうよ。』
そんな会話をしつつご自宅までの往復便。
二本続けて珍しい事象で約二千円で完結。

この帰路に、近くのアパートへ時間予約の配車。
しかし、
私;『どのアパートかな。ここかな。』
と探し当ててアパートの駐車場へTAXIをバックで進入。
左右のフェンダーミラーとルームミラーを見つつ後退していると、
私;『あぶねえ!。』
何と右後方で駐車車両とTAXIがぶつかる寸前、紙一枚の差、を認識して急停止。
TAXIを降りて現場確認しても
私;『セーフ!。』
しかし、事故報告書を書かずに済んだとは言え、
私;『後退や転回には、充分な注意が必要だ。』
無事故記録を更新することが出来て安堵。
気を落ち着けて、何とかアパートを探し当てて、漸く予約時間にギリギリに現着。
既に外で若い男性が待っておられた。
私;『お待たせいたしました。』
して、その目的地は、
お客様:『(近くの)JR駅へ。』
との事で、進行。
すると、
お客様:『その駅の待合室には、冷房入っているかな。』
と尋ねられてきた。
私;『その駅は、無人となりまして、暖房や冷房はありません。』
とお答えすると、
お客様:『その先の駅には、冷房あるかな。』
私;『その駅には暖房はありますが、冷房設備の記憶はないですが。』
お客様:『その駅の方が良さそうだから、そっちへ向かって。』
とのことで、三桁で終わるはずが、何と約1.2千円で到着。
すると、二千円を差し出されて
お客様:『お釣りは、取っといて。』
驚きのお言葉。
私;<えらく気前が良いね。>
私;『ありがとうございます。』
と完結。

その駅の先頭で客待ちしていると、
私;『この方、TAXIに乗るのかな?。』
少し離れたところから此方の様子を伺っている方を発見。
私;<顔に見覚えのある方だ。>
それでも、後部ドアを開けると、
お客様:『良いですか。』
と乗られて来られた。
目的地を伺うと、
私;<あ、たまに遭遇する方だ。いつも介護施設の交差点で降りられるお爺ちゃんだ。>
このお客様の行き先の説明が良くなくて間違えそうになるが、今回も詳細な場所の説明がなくとも完璧なまでにお客様をお送りして、乗車料金;1.4千円で完結。

この後が何とも驚きのお客様に遭遇。
配車でショッピングセンターへ急行すると、男性の方がお待ちになられていた。
私;<おや、この格好からすると、買い物帰りではないから、ロングかな。>
期待を込めて行き先を伺うと、
お客様:『近くのホームセンターに寄ってお墓参りに道具を買ってからお墓参りに行きたいのですが。』
私;<ビンゴ。>
私;『お墓は、どちらになりますでしょうか。』
そのお墓の方面のホームセンターを提案して発進。
すると、
お客様:『お墓で待っていて欲しいのですが。』
私;『それは宜しいですが、お待ちしている間もメーターが上がってしまいますが。』
ところが、お墓のあるお寺さんは、私にとっては初めて行く場所。
故に、お墓が何処にあるやら不明。
何とか到着して、暫し待機。
漸く戻って来られて、
お客様:『JR駅の近くで食事して帰りますので、近くで降ろしてください。』
との事。
色々と提案して、外も暑いので、妥協点で完結。
何と乗車料金;約5,700円也。

この後は、三連休の中日な為か、稼働台数が少ない為かショートやタクシー代行を続けてこなしてからJR駅で待機。
すると、高齢の女性がお乗りになって来られた。
お客様:『〇〇〇日赤病院へお願いします。急いで行かなければいけないので。』
しかし、このルートが難解。
私;<高速道路を使えば大回りになる。かと言って下道で急いでも限りがある。>
だが、
私;『下道で行きまして、峠を越えて参りますね。』
と、なるべく急ぎで走行。
そして、いよいよ峠道。
私;『この先、峠になります。カーブが続きますので、少し速度も上げますので、もしご気分がなりましたら遠慮なくお申し出ください。』
天候も雷雨の様で一時的に激しい雨降り。
私;<事故だけには気をつけて、慎重に行こう。
その後は、無事に峠も越えて、公私共にかなりの久しぶりで来た此の病院。
私;<この先だっかな。
ナビを入れなかったことを後悔しつつ走行。
おかげで注意力散漫。
それでも何とか無事に現着。
乗車料金;約11千円。
お客様:『ありがとうございました。』
清算を終えて帰路へ。
ところが、その道中に、ふと嫌なことに気が付いた。
私;『あれ?。お釣りの五百円玉を渡し忘れたかな。』
何か騙し取った様で一日気が休まらない。

その帰りの途中で配車でお客様の対応。
それを終えてJR駅に着けると直ぐにお客様が乗って来られて、難しいルートでもなく二千円で完結。
私;<良い流れだな。

そして、いよいよ夜の部へ突入。
しかし、ここからが三桁が多くなって来た。
そんな呑み屋街は、連休中日でもあり、そこそこの人の出。

そして、いよいよと
私;『これでラストか。』
と思いつつ呑み屋さんへの配車。
ところが、今日は珍しく然程待たずにお客様が出て来られた。
お客様:『〇〇〇町の郵便局へ。』
しかし、その方面には複数の郵便局があり、様子から判断して、
私;『本局で宜しいですね。』
と確認しても、ハッキリとはせずに、
私;『とりあえず、そちらへ進みますね。』
と進行。
いよいよ現場近くなり、
お客様:『其処を曲がって。』
私;『(ここは斜め右と直角の道があるが)直角に曲がれば良いですね。』
確認して進行。
お客様:『踏切を渡って右の建物。』
と言われたが、
私;<道は狭いので、ここに止める事は出来ない。されど、建物の駐車場は、狭そうだから入るのは嫌だな。
と思いつつもやむなく駐車場へ入って精算処理。
すると、道に止まっていた軽自動車がクラクションを鳴らしてきた。
乗車料金;約四千円で精算処理を終えて、
私;<ギョエ。さて、どうしようかな。>
行き先は、前進しかない。
私;<真っ暗な初の狭い敷地へ入るのは、嫌だね。>
と、慎重に進入。
何とか何事もなく脱出。

私;『一日、危ない場面には遭遇したが、無事故での帰還。安堵。』
だが、今日の反省点として
私;『後退や転回には、充分な注意が必要だ。これからも無事故を更新だ。』

  本日の売上;ノルマの135%