2019年3月26日火曜日

2019年3月26日(火)

勤務時間:08:00~18:30

今朝、家を出る前に、
愚妻;『そろそろ、賞与の時期ではないの?。』
との嫌な話題に、私;『嘱託待遇になったから、出ても僅かだよ。』

そして、始業点呼でも
班長;『今日のPM2時~3時に予約が集中しているので、その時間の休憩は避けて。
との指示を受けて出庫。

そんな本日の出足は、まずまずの結果。
しかし、このお宅に向かうには、狭い路地を通勤時間帯故に流れに逆らって進入せねばならない。
私;『結構、気を使うよ。』
慎重に走行して現着。
そして、お乗りいただき向かう先は、
お客様『〇〇〇医院へお願いします。
私;『ご予約のお時間は、ございますか。』
お客様『はい。でも、大丈夫です。
諸々を確認して発車。
お客様『今日、内視鏡検査を受診するの。そこは、麻酔をしてくれるの。
私;『私は、隣町の総合病院で内視鏡検査を受けます。そこも麻酔をしてくれます。あの検査は、大変ですからね。』
そんな会話をしつつも
私;<さて、どのルートが良いかな。>
最短ルート&無理せずに行けるルートを思案しつつも無事に現着。
締めて約¥2.5K円。

その後は、いつものお客様。
そして、今日は、美容院へ行かれるとの事。
かつて一度お迎えに行ったお店。
これも悩む事なく現着して約¥1.7K円。

その後は、まずまずの繋がりの中、AM10時頃に医院へ配車。
私;『おや、このお客様は、以前は私を良く指名していただいた方だ。その後は、勤務時間が一致せずに指名の回数も減ったが。』
もう、ご自宅も分かるので気楽にハンドルを握る事が出来る。
その後、薬を受け取り、そして、
お客様『運転手さんに、これをどうぞ。
と、コンビニで運転手へのお昼も買っていただいたりと彼方此方と寄ってからご自宅にご案内。
締めて約¥2.5K円。

その後、PM2時頃には休憩が終える様にして昼休憩に突入。

明けてみれは、
私;『予約の時間だが、我には無縁なるかな。』
それでもジッとJR駅で待機。
すると、
私;『え?。私は、二番目の待ちだが?。』
と来た配車が何と、
私;『お!。ロングだ。が、おそらく特急電車の接続時間があるよね。』
配車先の会社へ急行。
暫時待機の末に現れた3人組のお客様をお乗せして発車。
発車前には、予めナビに行き先を設定済なので、到着予想時間を見ながらの走行。
だが、如何せん。
私;<いかん、眠気が襲ってきた。どうしよう。>
その後は、空調の風向きを調整したりと何とか無事故で目的地に到着。
お客様『カード払いで。
との事で、万収の清算をして帰路へ。
私;<無理せずに帰ろう。>

これを終えると、途端に暇になり、その後を細々とこなして帰庫。
私;『なんとまあ奇跡の売上だね。』

事務所で納金を済ませて、掲示物を見ると、
私;『おや、賞与支給日貼り出しだ。』
複雑なる心境に帰宅。

 本日の売上;ノルマの146%

0 件のコメント:

コメントを投稿