2015年7月18日土曜日

2015年7月17日(金)

2015年7月17日(金) 乗務

勤務時間:18:30~08:30

私;『今迄の当直の客の流れのパターンは、始めは暇、深夜になり帰宅客で忙しくなり、明け方には再度暇になる。しかし、今日は、台風の影響もありどうなるか?。しかし、今日は、重要な日。』

そんな気持ちで始業点検。
私;『ありゃ!。後部左ドアに、デカイ擦り傷がある。お客様からは、一番目立つ場所だ。』
と思案。 
私;『誰が着けたのかは、自分以外には一人しか使用していないから、直ぐに解る。しかし~。』
と更に悩む。 
私;『始業点呼で正直に報告しても聞き流されるな。どうせ聞き流されるならば、コンパウンドで消えるか試してみよう。』 
と意を決して作業してみると、
私;『お!。擦り傷が消えた。
それでも一応は、始業点呼で報告。
会社の班長;『あそう。』
私;<やはり、この前と同様に、聞き流されたか。正直者が馬鹿を見る会社だ。この前に着けられた傷は、そのままだし。>

その後は、暇な状態でジッと客待ち。
すると、会社よりの配車メッセージ。
私;『え?。私は、客待ち2番目だが。先頭車にも配車?。中型車指定?。または、ご指名?。』
と回りを見渡しても、
私;<あれ?。私だけに配車だ。これって嫌がらせか。>
その後の配車でも、
私;<え!。各タクシーが動いているだろうに、何故に遠い私に配車?。事故を起こした事に対する嫌がらせ?。>
そんな度重なる嫌な思いをして、
私;<ギョエ!。本日の営業回数の71%は配車だ。これでは、タクシーの動きの効率は悪く、売上も今一歩のはずだ。>

それでも、
本日の最高乗車料金;¥9,450円也
今月度の平均単価(1乗車当たり);¥1,954円也
に助けられて、
私;お迎えに行ってワンメーターが多い中で、これだけの売上が出れば、良い。』

7月度の締日は、20日であるがこの日は空港便である為に、本日が実施的な締日。
私;<今年の歩合は、昨年同期の賞与がマイナスで返金したのに比較して、プラスで追える試算だから良い結果で終えそうだ。>

            本日の売上;ノルマの181%

0 件のコメント:

コメントを投稿