2015年6月30日火曜日

2015年6月28日(日)~29日(月)

2015年6月28日(日) 公休

今月度より、日曜日に関しては稼働台数調整の為に、一部のタクシー乗務員が休日となる。
従って、本日は、私が公休の順番なり。
私;<身体は楽だが、翌日が当直の為に、身体の時間調整が難しい。>



2015年6月29日(月) 乗務

勤務時間:18:30~08:30

私;<休みの後が、非常に暇な月曜日か。ノルマの50%に達すれば良い方だ。>案の定、本日は、惨憺たる状況となってしまった。
   みごと撃沈!

そんな本日、久しぶりのいつもご指名をいただくお客様。
私;『いつも有り難う御座います。月曜日に珍しいですね。』 
お客様;『最近は、お客様の都合で月曜日が休みです。
私;『私は、今日は朝までの勤務ですので、いつでもご連絡をお待ちしております。 
私;<知り合いでもない方からのご指名。嬉しいですね。>

その他は、駅の周辺を動くのみで終始。
そんな朝方のAM4:20に約10KM遠くのお客様への配車。
私;『どこまで行くのかな?。朝だから、出掛ける人であろうから最低でも約¥2,000円は出るとおもうが。 
と期待して急いで行くと、 
私;『あれ?。配車指示の場所に、該当する家が無い。どこだ?。予約時間が迫ってしまった。』
すると、会社からの無線が入る。
会社の配車担当;『場所、解らなければ聞いて来なければ駄目だ!。』
私;<配車指示が間違えているからいけないのではないのか(怒)。以前に来た時は、もっと先だと思ったが。>
と、思いつつも
私;『すみません。配車指示だと、今居る場所付近だと思いますが。』
周辺を捜していると、やはり先の方で手を上げている人を発見。
私;<やはり、私の予想が当たった。>
そして、会社へ無線を入れる。
私;『解りました。配車指示の場所がズレテいます。』
怒りを込めて返信。
直ぐにお客様をお乗せして目的地をお聞きすると、 
私;<え!。もっと遠くに行くの!。ガックシ(悲)。>

今日は、こんな悲しい出来事ばかりが続く。
最高額;¥2,580(数少ない二千円台、千円台も極めて少ないが)
  人生、やはり良い事は、少ないね。

            本日の売上;ノルマの48%

0 件のコメント:

コメントを投稿